有限会社 丸井精米工場   ソバ、米、麦などの製粉加工                      TEL 0176-23-2514
















 ■「米粉」関連リンク■ 
麦を使わないで、「米の粉」を使った米パンが注目されています。
 
◆米粉パン
 ウィキペディア⇒
 
◆米粉100%で焼く方法開発
 小麦アレルギーの安心⇒
 
◆ローソンが米粉パンを導入
 国内最大の米粉実需者に⇒
 
◆米粉レシピ
 農林水産省⇒
 
◆米粉レシピ3,000品
 COOKPAD⇒
 
◆米粉ってなに?
 全国穀類工業協同組合⇒

  
          
 

     米粉を微粉砕加工

    小麦粉に代わって近年注目され、その需要が拡大しているのが「米粉」。
パンや麺、ケーキなど新たな食感を持った新商品の開発や、地産地消への取り組みとして各地で注目されています。

 弊社では平成22年、地元農業者との連携を構築したうえで、新たに微粉砕加工可能な米粉製粉施設を完備し、多様な品質の米粉を提供できるようになりました。
  
 あらゆる穀物の粉砕に対応します。
 よりご満足いただける加工品をご提供できるようになりました。




            ▲平成22年度に導入した微粉砕製粉加工施設装備
         
   青森県内初導入 直結ピン式粉砕機 イクシードミル EM-2 
                      玄米100メッシュ 108Kg/h







有限会社 丸井精米工場

Q1 創業はいつですか?
A 昭和29年ごろ先代が創業し、平成8年に法人化し有限会社としました。
 
Q2 何をしている会社ですか?
A 創業時は精米工場でしたが、現在は穀物製粉加工もしています。
 
Q3 穀物製粉加工を始めたきっかけは?
A 当時の減反政策で米の代わりに作付けした、そばの加工に着手し精米工場を穀物製粉加工場へと業態を展開させました。
 
Q4 主力製品は何ですか?
A 現在は穀物の加工がメインとなっており、米粉・麦粉・そば粉・きな粉・さらには、粟・ひえ等の雑穀精米も行っております。
 また、市内食品会社のひきわり納豆用の大豆挽割加工など、多種多様な穀物加工をしています。
 
Q5 今後の目標は?
A 十和田産の穀物には地元で付加価値をつけていきたいと思います。具体的には、8月から稼動する新型微粉砕製粉機は初の導入であり、それを使って「パン用米粉」、「菓子用米粉」、「麺用米粉」を十和田産の米で加工・製造し、これまで展開してきた「十和田そば粉」「十和田産だったんそば茶」等とあわせて販売していきます。
 
Q6 なぜ、穀物加工をメインにしたのですか?
A 十和田市は基幹産業が農業であり、食料生産高は国内においても高い位置にあります。しかし加工場が少ないため、他地域で加工され、また十和田市に入ってきています。それでは、生産者にも消費者にもあまりメリットはないと思いました。だから自分でやろうと思ったのです。




石臼を使った製粉加工



石臼製粉機 30Kg/h

インペラ式玄そば脱皮機 45Kg/h


トップ | 商品案内 | 加工案内 | 会社案内 | 米粉のレシピ | webショッピング | お問い合わせ
Copyright (c) 2010丸井精米工場 All Rights Reserved.